子宮筋腫

子宮筋腫とは

女性ホルモンの影響で子宮内の筋肉細胞が増加し、筋腫が腫れて肥大化(筋肉のこぶが子宮にある)している状態が子宮筋腫です。なお増加には、エストロゲンが関与していると言われています。ただこれは子宮の筋肉にできる良性の腫瘍で、子宮のある一部分に腫瘍ができて大きくなるのではなく、子宮全体が大きくなる(腫れ上がる)のが特徴です。その大きさについては、小指の先ほどの小さいものもあれば、赤ちゃんの頭くらいのものまで多種多様で、その数はひとつではなく、いくつか生じることがあります。子宮筋腫は、婦人科疾患の中でも患者数が多く、30~40歳代の女性に好発すると言われています。

初期症状は現れにくい

初期段階で症状が出ることはほぼありません。そして病状が進行すると、子宮がどんどん大きくなっていき、月経困難症や過多月経など、月経に関する異常が現れるようになります。ただし、腫瘍ができる部位によっては症状が出ないこともあります。なお子宮筋腫は筋腫が発育していく方向によって主に3つに分類されます。子宮の外側に腫瘍ができる「漿膜下筋腫」(筋腫が子宮漿膜の下に発生)の場合は無症状なことが大半ですが、茎捻転が起きると急性腹症が出ることがあります。一方、「粘膜下筋腫」(子宮内膜直下に筋腫が発生)の場合は症状が強く出やすく、小さいものであっても過多月経になりやすいと言われています。また「筋層内筋腫」(筋腫が子宮筋層内に発生)は、この中では最も多く、そして多発しやすいタイプで、過多月経や月経痛の原因になることがあります。

治療について

症状が出なければ、良性腫瘍なこともあるので手術は行いません。ただし、筋腫がこぶし大ほどのサイズになって他の臓器を圧迫している、筋腫から出血が繰り返されて貧血の症状が出る、筋腫が不妊の原因と考えられる場合に外科的手術を行います。

外科的手術にあたっては、妊娠・出産を希望される患者様には、筋腫部分のみを摘出する筋腫核出術を行います。それ以外の場合は、子宮と子宮筋腫を摘出する子宮全摘術になります。

このほか子宮筋腫が原因の月経痛に関しては、薬物療法を行いますが、この症状を訴える患者様の場合、子宮内膜症を併発しているケースが良く見受けられます。そのため、子宮内膜症で使用する薬物療法が行われます。

自由が丘ちあきレディースクリニック

診療科目

産婦人科

住所

東京都目黒区緑ヶ丘2-24-15

アクセス

自由が丘駅より徒歩4分

電話番号

03-3723-1117

診療時間

日祝
09:30~12:30
15:00~18:30

● 癌研有明病院婦人科医長 的田眞紀 医師の診療になります。
★ 09:30~13:00
休診日:日曜、祝日