避妊相談・緊急避妊

避妊について

避妊についてご相談があるという方は、一度ご来院ください。避妊をする方法というのはいくつかありますが、当院では、避妊効果が非常に高いとされる低用量ピル(OC:Oral Contraceptives)と、無防備な性交を行ったことで望まない妊娠をする可能性がある場合にそのリスクを回避するための緊急避妊ピルの処方を行っています。

低用量ピル

経口避妊薬とも呼ばれる低用量ピル(OC:Oral Contraceptive)は、エストロゲンとプロゲストロンを含む合ホルモン剤で、ピルに含まれるホルモンの量が少ないことから低用量ピルと言われています。これは1999年より医薬品として認可されたものですが、以前から出回っていたピルと比べ安全性が高くなっています。服用方法としては、毎日1錠ずつ、同じ時間帯に服用します。 これを内服することで排卵が抑制されるようになるほか、月経初期の段階で血中にプロゲストロンが存在していることで、エストロゲンの機能が働かなくなって子宮内膜増殖が抑えられ(子宮内膜が薄くなっている)、受精卵が着床しにくい状態になります。また子宮の入口の粘液も変化するようになって精子が通過しにくくなります。このようなことが期待できることから、ピルを正しく服用すればほぼ100%の避妊効果があります。

副作用とリスクについて

副作用としては、服用後2週間ほどくらいまで、頭痛、倦怠感、軽い吐き気が現れるほか、軽度の不正性器出血などがみられることがあります。またリスク因子としては、虚血性脳卒中や静脈血栓塞栓症の発症リスクが高くなると言われています。 また低用量ピルは避妊以外のメリットとして、卵巣がん、子宮体がん、大腸がんのリスクを減少させる作用があるほか、月経困難症、過多月経、子宮内膜症、不規則な月経周期などに対する治療効果も認められています。そのため、これらを目的に服用される方も多くいます。

緊急避妊について

緊急避妊とは、セックスを避妊せずに行った、もしくは避妊具(コンドーム)が破けるなどのアクシデントがあった場合に妊娠を回避する手段(緊急避妊法)として行う緊急処置のことで、当院ではアフターピル(緊急避妊薬)による処方も行っています。 このアフターピルは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル:LNG)を成分とした薬剤のことで、無防備なセックスが行われた後、72時間以内に、速やかに所要量のピルを服用(レボノルゲストレル1.5mgを1回服用)するようにします。なお正しく服用することで、妊娠阻止率が84%にするという報告があります。 なお先にも触れましたが、アフターピルは正しく服用したとしても、妊娠をしない確率は100%ではありませんので、0でない限りは妊娠の可能性はあります。また、妊娠阻止の有無については、服用後すぐには判明しません。数日ないし数週間後に月経が来ることで、初めてわかります。もし、予定月経が1週間以上遅れている、心配なことがあるという場合は、お早めにご相談ください。 またアフターピルについては、世界的には1970年代半ばから使用され続けており、その安全性は確立されています。ただ、低用量ピルと同様に服用してはいけない方、使用に慎重を要する方はいますので、少しでも不安な方は遠慮なくご相談ください。なお、副作用は少ないとされ、一時的に少し気持ち悪くなったりする程度の軽微なものが報告されています。 なお服用の甲斐もなく、妊娠した場合についてですが、今までのケースでは、異常妊娠、生まれてきた赤ちゃんに異常が出たなどの報告はみられません。

自由が丘ちあきレディースクリニック

診療科目

産婦人科

住所

東京都目黒区緑ヶ丘2-24-15

アクセス

自由が丘駅より徒歩4分

電話番号

03-3723-1117

診療時間

日祝
09:30~12:30
15:00~18:30

● 癌研有明病院婦人科医長 的田眞紀 医師の診療になります。
★ 09:30~13:00
休診日:日曜、祝日